集大成

15年以上、
ピアノ指導者として活動してきて、
集大成を形にします。
 
新しいカタチのピアノ教育です。

 

もうひとつの音楽大学

ばばっちです。

ピアノ教室は、
実はスゴイものだった。

これは、
カウンセリングを始めて、
コーチグを始めて、
魔法の質問を始めて、
たくさんの経験を重ねて、
気づいたことです。

ぼくが行き着いた、
結論は、
 
「ピアノ教室は人生を変える」
 
と言うこと。
 

ふりかえってみると、
 
ぼくが子供の頃、
ピアノ教室に通い始めてから、
音楽的な力が上がっただけでなく、
生き方がかわりました。
 
そして、

今、
ぼくのお教室に通ってくれている、
生徒さんたちも、
 
生き方が変わっています。


一般的に、
ピアノ教室と言うと、
 
ピアノを習うところ、

と、
考える方がほとんどですよね。

でも、

それは表向きの側面であって、
本質ではありません。

本当のピアノ教室は、もっと奥が深いのです。

そこでぼくは、
ピアノ指導の極意を突き止めました。


ピアノを習うことが、
脳に良い影響をあたえると言うのは、
近年、
有名になった話。

ピアノ教室に通うこと、
ピアノを習うこと、
ピアノを教えることで、
 
どんな変化があるのか?

ピアノが上達するだけでは、ありません。

もちろん、
これも効果ではありますが…。

率直に言うとね。
 
人生を質を、
高めることが出来ます。

ちょっと漠然としてるかな。

例えば、
ピアノとは関係ないところで、
なにか問題にぶつかったとします。
 
そのとき。
 
ピアノ教室で、
ピアノや先生、
音楽や練習と、向き合った日々が、
 
その問題に対して、
どのように対処したらよいかを、

考えるきっかけになるのです。


アクティブラーニングを知っていますか?

自ら考え、
自ら行動し、
自ら解決できる。

そんな子供達を育てようと、
考えられた学習法です。

この学習法は、
これからの学校教育に、
どんどん、
取り入れられていきます。
 

アクティブラーニングには、
自由な発想が大切です。

正解のない音楽表現は、
 
学習をアクティブ化するのに、
適しています。


そのために、
ぼくたち指導者にできることは、
なんでしょう?
 
そのために、
ぼくたち大人にできることは、
なんでしょう?
 

それは、まず、生徒を信じること。

 
そこに起きている問題は、

生徒自身が、
自らの手で、
解決することができる。

そう信じて、

問いかけ、
待つことが、大切です。

そして、
 
生徒の出した答えに対して、
すべて、
OKを出すこと。

生徒の全てを愛し、
受け止めていくことで、

彼らは生き生きとした音楽を、
自然に、
奏で始めます。


ピアノ指導の、
いや、
 
ばばかずたかの集大成です。

ぼくが、ピアノ教室を始めたのが2000年。

そのときから、
かなりの月日がたち、

ぼく自身も、
日々、
アップデートしています。

自ら体験し、実践していること。

その中でも、
最も必要なこと、

あなたに伝えたいことが、
あります。

ぼくの集大成の講座を、
今までの人生の集大成を、

もうひとつの音楽大学の中に、
ギュッと詰めました。